ご利用規約

purenessでは、「自分の喜びに責任をとり、自分自身の選択に責任をとる」ということを大切にしています。
ご利用規約を十分にご理解いただき、ご自身の責任の元、ご利用くださいますようお願い申し上げます。
お申し込み・お問い合わせいただきました時点で、ご利用規約に同意していただいたと判断し、対応させて頂きます。
purenessで提供するセッション・エネルギーワーク・講習などは、個々の人生を豊かにするサポートをしていくことを目的としております。
Purenessが提供するサービス全てに適用されます。 


第1条(Purenessの提供する内容について)

*purenessの提供するすべての内容は医療行為ではありません。
*精神疾患の治療や投薬治療を行われている方、医療機関で診療を受けている方は、治療の妨げにならないよう充分な配慮が必要と考えますので、必ず医療従事者の承諾を得てからご参加くださいますようお願いします。
*精神的に不安定と自覚のある方の参加に関しても、充分考慮されて自己責任のとれる範囲での参加申し込みに限らせていただきます。
*purenessにおいて、身体、精神、霊性すべてにおいて影響を受けることを理解し、承諾し、受け入れることを承諾します。
*ヒーリングに関してはヒーリングクライシス、好転反応が出る場合がございます。好転反応を理解し、これらが起こる可能性を承諾します。
*セッションの効果については、本人の意識や思考や心持ち体調などが影響する為、個人差があることを理解します。
*purenessは、いかなる宗教団体とも関わりはありません。


第2条(クライアントについて)

クライアントとは、お申込をしてからpurenessが承認した者を言います。


第3条(purenessが提供するサービスへのお申込の承認)

purenessは、お申込を承認後速やかにその旨をメールにてクライアントに通知致します。


第4条(purenessのお申込の不承認)

purenessは、下記の事項を確認した場合お申込のお断り、また取消を行えることとします。
1.purenessがクライアントの適正を審査した結果、不適格と判断した場合
2.精神疾患の為に精神病に通院していることを隠し医師の診断許可書を受け取っていないと分かった場合


第5条(purenessにおける範囲と適正)

未成年の方は、ご両親の許可が無い場合は受け付け出来ません。
下記のご相談内容の場合で、一時的なものではなくてお薬が必要な病的なものであると判断した場合、purenessをお断りして病院、他の機関や施設などをご紹介することがあります。
1.自傷願望や他害行為願望が強く、緊急対応を要する場合
2.身体の状態や精神状態が思わしくなく、明らかに医療行為が必要な場合
3.依存型、自己否認型、強度のネガティブ思考により自他共に幸せになろうとする向上心がみられない場合
4.責任転嫁、他者批判、激しいネガティブな思い込みなどにより、会話が成立しない場合


第6条(purenessのサービスを受ける際の条件)

クライアントは、サービスが有意義なものになるように以下の項目を守ります。
1.常に誠実かつ素直なコミュニケーションをとること
2.受け身や依存ではなく、自主性を持って取り組むこと
3.きちんと自分と向き合い他人や周りのせいにして逃げないこと
4.未来は本人の意識や意志により変わることを自覚すること


第7条(提供資料の二次利用等の禁止)

purenessによって提供された資料および内容については、クライアント本人のみが使用することができpurenessの承諾を得ずに他者(単独であるか複数であるかを問いません。以下同様)に提示し販売したり、使用させること、譲渡すること等は一切できません。
なお、受けられた本人のご感想については、こちらに該当しません。

第8条(責任)

1.クライアントが第三者に損害を与えた場合にはクライアント自身の責任において解決します。
2.クライアント自身の行動については、最終的にクライアント自身が決断実行するものとし、purenessは当該クライアントに対して責任を一切負いません。
3.契約期間の間クライアントは災難や大病の場合でpurenessの継続が不可能にならない限り継続して行います。万が一クライアントの都合により途中でキャンセルになった場合、合計代金の代金の未払いの支払い義務が発生します。途中でやめられてもご返金はありません。


第9条(サービスの延期や一時的中断について)

purenessーは次の項目に該当する場合にはクライアントに事前に連絡することなく、一時的にサービスを中断または延期することがあります。
1.火災、停電、地震、噴火、洪水、津波、台風などの天災や戦争、暴動、騒乱などによりサービスが行えなくなった場合
2.運用上、purenessがー時的に中断を必要と判断した場合
(但し、この場合、速やかにクライアントに連絡し、中断期間は履行期間に含めません)
3.国内(海外)出張などによりインターネットの環境が悪い場合、執筆の為に長期間缶詰になった場合、研修や研究の為に一時的に勉強をする場合
(但し、この場合、事前にクライアントに連絡し、中断期間は履行期間に含めません)
4.緊急にコンピュータシステムの保守や点検が必要になった場合
5.情報の保全や合理的理由により延期や中断の必要があると判断した場合


第10条(知的財産権等の侵害の禁止)

1.クライアントは、サービスの内容に関する知的財産権が別段の表記があるものを除きpurenessに帰属していることを承知し、purenessの権利を侵害しないことを約束します。
2.クライアントは、purenessの許可無くサービスの内容をコピーしたり、転送したりしないことを約束します。


第11条(クライアント情報の開示)

purenessは、サービスにより知り得たクライアントの個人情報(住所、氏名、電話番号、E-mailアドレス等、その他の記述等により個人を識別できるもの )については、本人の許可なく開示したり、漏洩することのないよう努め守秘義務を厳守します。
ご提供頂いた個人情報を、第三者に開示することはありませんが次のいずれかに該当する場合はその限りではありません。
1.クライアントの同意があって かつ開示する必要がある場合。
2.クライアントの明示した配送目的を実施すべく個人情報を開示する必要がある場合(例:ご案内等の発送を運送業者に委託する場合等)。
3.統計的なデータとしてお客様個人を識別できない状態に加工した場合ブログにおける質問やそのコメントなど
(例:匿名によるお客様の声、感想、体験等)。
4.法令等に基づき、提供に応じなければならない場合
5. purenessは、サービス後にクライアントがご質問された内容やご報告された体験の感想メールを、ご本人とは特定できないような形で、匿名やイニシャルにてブログやHPやフェイスブック等でご本人にその都度許可を得ずにシェアさせていただくことができるとします。


第12条(損害賠償)

1.クライアントが本同意書に反した行為または不正もしくは違法な行為によってpurenessに損害を与えた場合
purenessは当該クライアントに対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。
2.クライアントの都合により、サービスの中止依頼があった場合、purenessは、事由の如何を問わず一切の損害賠償義務及びサービス費用の返還義務を負わないものとします。


第13条(サービスの中止)

クライアントが下記の項目に該当するときpurenessはサービスを中止することができます。
1.申込に虚偽があった場合
2.サービスの実施を妨害した場合
3.purenessの指示に従わない場合
4.purenessが続行不可能と判断した場合
5.purenessを誹謗、中傷した場合
6.日本国の法令に低触する、公序良俗に反する場合
7. 同意書に違反した場合
8.その他、purenessがクライアントを不適当と判断した場合


第14条(連絡先)

1.お電話によるお問い合わせやご予約は、一切行っておりません。
2.ご予約は、メールまたはお申し込みフォームよりお申込下さい。
3.お問い合わせは、メールにてご連絡下さい。
4.クライアントは、住所、電子メールアドレスなどの連絡先に変が生じた場合には、速やかに変更の届出をpurenessに行うものとします。purenessは変更の届出がない限り、申込時に届出のあった連絡先に連絡をとるものとします。


第15条(免責事項)

1.サービスの内容の変更を必要とした際は通知することなく変更を行うことができるものとします。
2. サービスについて掲載された情報については予告なしに変更することができるものとします。
3.予告なしにサービスの運営を中断する場合がある場合があります。
4.理由の如何にかかわらず、変更や中断によって生じる如何なる損害についても、purenessが責任を負うものではありません。


第16条(その他)

1.purenessが提供を行った後、さらに別途相談が必要になった場合は別料金になりますので、メールなどであっても、基本的にはお答え致しかねますことをご了承くださいませ。
2.purenessが提供するサービスの結果が自分の思い通りの内容ではなかったとしてもご返金出来かねます。


以上、お申込みいただいた場合は、以上の全ての事項の規約に同意いただいたものとします。